手

特別なリングを作る

結婚指輪は様々なものがありますが、人気のひとつがハワイアンジュエリーです。デザインにそれぞれ意味があり、手作りのため二人だけのリングを作ってもらえるという思い出にもなります。また、代々伝わる家宝という意味もあり、受け継いで行けるというのも選ばれるポイントです。

指輪

ハワイアンの結婚指輪

最近では、結婚指輪にハワイアンジュエリーを送る男性が増えています。ハワイアンジュエリーには、モチーフに様々な意味を込められているため、結婚指輪として選ぶ人が増えています。

新郎新婦

ブライダルにつけたい宝石

ハワイアンジュエリーは、ハワイ王朝の伝統あるジュエリーでありその精巧な美しさからブライダルジュエリーとして使う人も増えてきています。その選定のポイントとしては、ジュエリーに彫るモチーフを選ぶことや、プラチナやイエローゴールドなどの素材にこだわることなどです。

誓いを託す指輪

リング

メッセージ性が魅力

結婚指輪は、結婚式で新郎と新婦が指輪の交換を行う時に使用するもので、2人の永遠の愛を誓うためのものと言えます。そんな結婚指輪として、近年人気が高まっているのがハワイアンジュエリーです。ハワイアンジュエリーは、ハワイの伝統的な宝飾品で、ハワイの草花や自然、動物などのモチーフを繊細に彫刻しているのが特徴です。ハワイアンジュエリーに彫り込まれるモチーフはそれぞれ意味を持っていると言われています。例えば、ハワイで神聖な植物とされるマイレの葉は「神聖な絆」を、波の模様(スクロール)は、波の様に途切れる事のないことから「永遠」を、ハワイらしい海亀は海の守り神であり、平和や幸福のシンボルとなります。それぞれのモチーフを組み合わせる事で、結婚の誓いのメッセージを指輪に託す事が出来るのがハワイアンジュエリーなのです。そのため、結婚以降常に身につける結婚指輪としては最適のアイテムと言えます。また、通常のハワイアンジュエリーはよりカジュアルな14kが一般的なのですが、最近の結婚指輪としてのニーズに合わせて各店舗ではプラチナや18kなどより強度も価値も高い素材を取扱う様になっています。中には、小さなダイヤを彫刻のアクセントに埋め込んだり、指輪の内側にあしらったりするなど、様々なバリエーションも生まれています。またハワイアンジュエリーのもう1つの特徴は、素材やモチーフ選び、デザインに至るまで、フルオーダーが可能な事です。デザインが決まってから、ハワイの工房などで職人の手作業によって一つひとつ丁寧に彫刻が施されますので、世界でも唯一無二の結婚指輪となります。こう言った点もハワイアンジュエリーが結婚指輪として選ばれる要因と言えるでしょう。